不思議の国のアリス 歌詞 和訳

Uncategorized 0 Comments

丘の向こうか、地面の下か もしくは木の後ろか. The Queen's Croquet-Ground   ç¬¬ 1 章  うさぎの穴をまっさかさま   ç¬¬ 11 章  タルトをぬすんだのはだれ?   ç¬¬ 7 章  キチガイお茶会   ç¬¬ 11 章  タルトをぬすんだのはだれ? —    CHAPTER XI. 英語, 洋書, 不思議の国のアリス, 和訳 EnglishStudy 関連記事 【Alice】Chapter2-18 アリスがおそるおそる声をかけてみたよ 第 9 章 にせウミガメのお話 「またお目にかかれてどんなにうれしいか、あなた見当もつかないでしょう、このかわいいおじょうちゃんったら!」と公爵夫人は、愛情… 日本語 Česky Deutsch English Esperanto Español Français Italiano Nederlands Polski Português ... 不思議の国のアリス. When clouds go rolling by They roll away and leave the sky. Down the Rabbit-Hole   ç¬¬ 9 章  にせウミガメのお話 —    CHAPTER IX. アリスはあっきあきしてきた、木かげで、お姉さまのそばですわってるのも、何もしないでいるのも――ちらちらお姉さまの読んでる本をのぞいてみても、さし絵もかけ合いもない、「なら本のねうちって何、」とアリスは思う、「さし絵もかけ合いもないなんて。 かくして不思議の国のお話がそだち ゆっくり、そして一つ一つ その風変わりなできごとがうちだされ―― そして今やお話は終わり そしてみんなでおうちへと向かう 楽しい船乗りたちが夕日の下で アリス! 子どもじみたおとぎ話をとって Pig and Pepper   ç¬¬ 1 章  うさぎの穴をまっさかさま —    CHAPTER I. 第 12 章 アリスのしょうこ — CHAPTER XII. ョウ —    CHAPTER VI. A Caucus-Race and a Long Tale   ç¬¬ 5 章  いもむしの忠告   ç¬¬ 4 章  うさぎ、小さなビルをおくりこむ Alice's Evidence. The Rabbit Sends in a Little Bill   CHAPTER III. 《ウサギの巣穴はトンネルみたいにある程度まっすぐに続いていて、その後、突然ガクンと下がる下り坂になっていたんだ。突然すぎて、アリスは踏み止まろうと思う暇すらなかったの。気が付いたら、とても深い井戸のようなところを落ちていたよ》《この暗い廊下から出て、鮮やかな花壇や涼しげな噴水の周りをお散歩できたらいいのに、とアリスは心から思いました。でも、頭ですらそのドアを通ることができないの。「たとえ、頭が通ったとしても」かわいそうなアリスは考えました。「肩がなくては頭は何の役にも立たないわ。ああ、もう!体を望遠鏡のように折りたたむことができたらいいのに!私はできる気がするのよね。折り畳み方の最初さえわかってしまえばさ」だって、そうでしょう。ここのところ常識が通用しないことばかり起きているから、アリスは本当に不可能なことなんて実はほとんどないと思い始めていたんだ》前回の『Chapter1-48 すぐには飲まないよ!』の次の文を訳していきます(∩´∀`)∩前回のお話では、...《間髪入れずにアリスはまた独り言を始めちゃった。「このままずっと落ちていると地球を突き抜けちゃうんじゃないかしら!突き抜けた先で、頭を下にして歩く人々がいる中に私が現れたらとてもおかしく見えちゃうでしょうね!」『反感』ということね、多分…。(アリスは誰も聞いていないことにホッとしました。だってさっきの言葉が正しい言葉とは思えなかったのだもの)でも、私はその人たちに国の名前は何というのか聞かなきゃいけないよね。例えば…すみません、奥様、ここはニュージーランドですか?それともオーストラリアですか?(そして、アリスはそんなことを言いながら(ひざを曲げて)会釈をしようとしました。ひざを曲げて会釈をしている姿を想像してみてね。空中を落っこちながらだからね!あなたならそれをやってのけることができるかな?)でも、私がそんなことを聞いちゃったら、なんて無知な子なの?と思われちゃうわ。やっぱり聞いたりなんかしちゃ絶対にダメ!多分、どこかに地名が書かれているはずだからそれを見ればいいよ》そろそろ長かったChapter1が終わりそうです(*´▽`*)では、前回の『Chapter1-66 このケーキを食べ...《でも、そのビンには『毒』なんて書かれていなかったので、アリスは思い切って味見をしてみました。するとそれは、とてもおいしかったのです(それは実際、チェリータルト、カスタード、パイナップル、ローストターキー、トフィー、それに焼きたてのバタートーストが混ざったような味がしたんだよね)そのため、アリスはあっという間に飲み干しちゃいました》では、前回の『Chapter2-6 どうやったらプレゼントできるかな?』の次の文から訳していきます(∩´∀`)∩...《しかしながら、もう一周してみると、アリスは先ほど気づかなかったカーテンに出くわしました。そして、その後ろには高さが15インチほどの小さなドアがあったのです。アリスはそのドアの鍵穴に小さな金の鍵を試してみると、ぴったりとマッチしたのでアリスは喜びに満たされました》《アリスが角を曲がった時には、ウサギに大分追いついていたのですが、あのウサギはどこにも見当たりませんでした。気が付くと、そこは長くて天井が低い廊下で、天井からぶら下がっているランプが一列に並んで明かりを灯していました》《そして、ここでアリスはすごい眠気に襲われ始めました。寝ぼけた状態で独り言を続けて「子猫はコウモリを食べるの?猫はコウモリを食べるの?」と言っていたかと思うと、たまに「コウモリは猫を食べるの?」なんて言っていました。あなたならもうわかっているとは思いますが、アリスはどちらの質問にも答えられないので、どっちを言っても特に問題はなかったんだよね》《その出来事自体はたいして珍しいことではなかったし、「まずい!まずい!遅れてしまいそうだ!」というそのウサギの独り言もまた、そんなに常軌を逸していることだとアリスは思わなかったよ(アリスは後になってよくよく考えてみたら、アリスはこの出来事について驚くべきだったんだけど、その時はとても自然に感じたんだ)。でも、そのウサギがウエストコート(ベスト、チョッキ)のポケットからなんと時計を取り出して確認し、すぐに駆け出していったのには、さすがのアリスも思わず飛び起きちゃった。アリスは今までウエストポーチを着て、あまつさえウエストコートから時計を出して確認するウサギなんて見たことなかったのだからはっとしちゃったんだね。アリスは強い好奇心に駆られ、野原を駆け抜けてウサギの後を追いかけたよ。そしたら、幸運にもウサギが垣根の下にある大きなウサギの巣穴にひょいっと入っていくところをちょうど見ることができたんだ》《落ちて、落ちて、まだまだ落ちる。まさか落ちることに終わりがないとかいうんじゃないでしょうね!「こんなに落ちてきたけど、私は何マイルくらい落ちたのかしら?」と、アリスは声に出して言いました。今はもう地球の中心あたりにまで来ているに違いないわ。ええと、そうね…となると、4000マイルほど落ちてきたってことかしら。おそらく…ね。(あなたは知っていると思いますが、アリスは学校の授業でこのようなことは色々と学んでいたんだよね。でも、知識をひけらかすにはあまり良い機会ではなかったと思うんだ。彼女の話を聞いている人なんて誰もいなかったからね。でも、口に出したことで良い練習になったんじゃないかな)うん、距離は大体そのくらいだよね。そうは言っても、経度と緯度で言うと私はどの位置にきているんだろう?(アリスは緯度も経度も何なのか全く分かっていなかったけど、それらの言葉を言うことはとてもかっこいいことだと思ったんだよね)》では、前回の『Chapter2-18 アリスがおそるおそる声をかけてみたよ』の続きから訳していきます(∩´∀`)∩...前回の『Chapter1-45 不可能なことなんてほとんどないよね!』の次の文から訳していきます(∩´∀`)∩...《「でも、今は二役を演じていても仕方がないわね」とかわいそうなアリスは思いました。「だって、今の私は一人の人間としての十分な大きさもないのだから!」》《井戸のような穴がとても深かったのかな?それともとてもゆっくり落ちていたのかな?だって、落ちながら周りを見渡して、次は何が起こるのか気にするほど十分な時間があったんだもの》《でも、まずアリスは数分待ってみました。これ以上縮むのかどうかを確認するためにね。こればかりはアリスも少しびくびくしていたんだよ。「だって、終わっちゃうかもしれないんだよ」とアリスは独り言を呟きました。「ろうそくのように体が完全に消えちゃうかもしれないんだもの。そうなったら私はどのようになっちゃうのかなぁ?」アリスは思い描きました。ろうそくの火がろうそくが吹き消された後、どのようになるのかをね。だって、アリスは今までにそんなものを見たことがあったかどうかを思い出すことができなかったんだから。》《ドアを開けてみると、小さな通路に繋がっているのがわかりました。その通路はネズミの穴よりもちょっとだけ大きい位だったんだけどね。アリスは膝をついてその通路を覗いてみると、そこは今まで見たこともないようなとても美しい庭園でした》《アリスは怪我一つなく、すぐに飛び起きました。見上げてみたけど、見上げた先は真っ暗。彼女の目の前にはまた長い廊下があり、白いウサギが急いでいるのが見えました》前回の『Chapter1-54 小さくなったよ!』の次の文を訳していきます(∩´∀`)∩前回のお話でアリスは...《落ちる、落ちる、まだまだ落ちる。アリスは落ちること以外何もすることがなかったので、またすぐに独り言を始めちゃいました》《「飲んでね」というのは構わないよ。でも、賢くて小さなアリスは急いでそれを飲もうとする子ではなかったんだよね》前回の『Chapter1-16 ウサギの巣穴はトンネルみたいだったよ』の次の文から訳していきます(∩´∀`)∩...《「さぁ、そんなに泣いていても仕方ないよ!」と、アリスは自分自身に少し厳し目に言い聞かせました。「今すぐに泣くのをやめなさい!」アリスは普段から自分自身に素晴らしいアドバイスを送っているんだよね。(でも、アリスがそのアドバイスに従うことはめったにないんだけどね)時には、自分自身をあまりに厳しく叱りすぎて、目から涙を流してしまうこともあるくらいだよ、アリスは自分自身とのクロッケーの試合中に、自分に対して卑怯なことをしたので、一度だけ自分の耳をはたこうとしたことを思い出しました。この変わった子は一人二役を演じるのが大好きだったんだ。》《アリスはうとうとしちゃって、ダイナと一緒に手を繋いで散歩をしている夢を見始めていたので、ダイナにとても真剣に「ねぇ、ダイナ。私に本当のことを教えて。あなたは今までにコウモリを食べたことはあるの?」と聞いてみました。その時突然、ドスン!ドスン!とアリスは枝木と枯れ葉に突っ込み、そして、落ちるのはこれでおしまいでした》せっかく今和訳しながら読んでいる童話があるので、その訳と、なぜそのような訳になったのかを記事にしていこうと思います(∩´∀`)∩...《しばらくした後、アリスはこれ以上は何も起こらないことがわかったので、すぐさま庭園へと向かうことにしました。でも、ああ、かわいそうなアリス!アリスはドアにたどり着いてから、小さな金の鍵を忘れたことに気付いちゃいました。そこでアリスは鍵を持ってくるためにテーブルまで引き返してみたら、鍵まで手が届かなかったのです。ガラス越し鍵がはっきりと見えているので、アリスは全力でテーブルの脚を登ろうとしたけれど、つるつると滑っちゃう。何度も試してみたけれど、へとへとに疲れてしまい、かわいそうな子、へたりこんで泣きだしちゃった。》《その小さなドアで待ち続けていても意味がないように思えたので、アリスはテーブルのところに戻りました。テーブルの上に別の鍵が見つかるかもしれないと半ば期待しながらね。それでなければ、せめて望遠鏡のように折りたたむやり方が書かれた本を見つかってくれればと思いながら…すると、今度はテーブルの上に小さな瓶を見つけました。(「さっきはこんなの絶対になかったよ」とアリス)瓶の口の周りに紙のラベルが貼ってあり、文字が書かれていました。「飲んでね」と大きく綺麗な文字で。》《お茶の時間にダイナのお皿にミルクを入れてあげることを忘れなければいいんだけど。ああ、ダイナが私と一緒にここを落ちていてくれれば良いのに!空中にネズミがいないことは申し訳ないけど、コウモリなら捕まえることができるかもしれないよね。コウモリもネズミも同じようなものでしょ!ね?でも、猫ってコウモリを食べるのかなぁ?》英語だけでなく、プログラミングやイラストも底辺ですがなんとか頑張ります(∩´∀`)∩《アリスは土手でお姉さんと一緒に座っていることに飽き始めていました、何もやることもないんですもの。アリスは1、2度、お姉さんが読んでいる本を覗き込んでみたけれど、その本にはイラストも会話文も載っていませんでした。「となると、イラストも会話文もないのにこの本の何が面白いんだろう?」とアリスは思ったのです》《「そうだ!」と、アリスは考え付きました。こんなにすごい落ちる体験をした後だし、階段から転げ落ちるくらいもうどうってことないわよね!家族のみんなは私のことをなんて勇敢なんだって思うはずだわ!きっと屋根から落っこちたって、もう私は何も言わないはずよ!(そりゃ、何も言えないでしょうね)》《まもなくして、アリスは机の下に置かれている小さなガラスの箱が目に留まりました。アリスがそれを開けると中にはとても小さなケーキが入っていて、それには「食べてね」と干しブドウで綺麗に書かれていました》《なので、アリスはケーキを食べ始め、そして、ケーキをあっという間に食べ終えてしまいました》《それを見て思わずウサギを追いかけて、アリスもすぐに穴の中に飛び込んじゃった。どうやったらまた外に出てこられるかなんて一切考えずにね。》《「なんか不思議な気分だわ!」とアリス。「きっと私は望遠鏡のように縮んでいるに違いないわ」》《廊下はドアだらけだったけれど、全てに鍵がかかっていました。アリスは廊下の片側をずっと辿って、そして引き返ししながらもう片側を辿り、全てのドアを開けてみましたが、結局どのドアにも鍵がかかっていて開かなかったので、アリスはしょんぼりしながら廊下の中央をとぼとぼと歩いて、一体どうやってここから出ようかな…と悩んでしまいました》《その通りでした。アリスは今まさに10インチほどの大きさになり、アリスは顔を輝かせたのです。これで、小さなドアを通り抜けてあの美しい庭園へと行くことができるちょうどよいサイズになったと思ったからね》《最初はね、アリスは下を見て、どこに向かおうとしているのかを見極めよとしたのよ。でも、あまりに暗すぎて何も見えなかったんだ。そこでアリスは目をこらして周りを見てみると、食器棚や本棚で埋め尽くされていました。さらにあちこちに地図や絵がかかっていたんだよね。》前回の『Chapter1-17 十分な時間があったよ』の次の文から訳していきます(∩´∀`)∩First, ...《「すぐに飲むなんてダメよね。まずはきちんと見ておかなきゃ」と、アリス。「『毒』って書かれていないかどうかを確かめておかないといけないよね」アリスは子供たちについてのちょっと素敵な物語を数冊読んでいたからね。その子供たちは焼かれてしまったり、野獣に食べられてしまったり、他にも嫌な結果になっていました。その理由は、子供たちの友達が教えてくれていた単純なルールを思い出さなかったからなのです。例えば、真っ赤に燃えて熱くなった火かき棒を持ち続けていると火傷するよ、とか、ナイフで指を深く切っちゃったら普通は血が出るよ、とか、そういうルールのことね。だから、アリスはそのルールを肝に銘じていました。もし『毒』と書かれていたビンの中身をたくさん飲んだら、ほぼ確実に食あたりを起こしてしまうと。遅かれ早かれね。》前回の『Chapter1-7 ピンクの目をした白いウサギ』の続きから訳していきます(∩´∀`)∩前回のお話で...《アリスはほんの少しだけ食べて、心配そうに独り言を呟きました。「どっちなの?どっちなの?」と。どっちに成長しているのかを確認するために、アリスは頭の上に手を乗せましたが、アリスは同じサイズのままだったので、とても驚いてしまいました。確かに、普通はケーキを食べても体の大きさに変化なんてないんですけどね。でも、アリスは慣れすぎちゃっていたんだよね。何も期待しなくても、常識外れなことばかり起こることにさ。だから、すごくつまらなくてバカバカしいと思ったんだ。常識的なことが続く人生なんてね》《一瞬たりとも無駄にはできません。アリスは風のように駆け出していきました。すると、ちょうどウサギの言葉が聞こえてきたのです。角を曲がる時にね。「もう!こんなに遅れてしまうなんて信じられないよ!」》《突然アリスは3本足の小さなテーブルに出くわしました。それはガラスのみで作られています。テーブルの上にはとても小さな金の鍵以外は何も置いていませんでした。そこでアリスが最初に考えたことは、もしかしてこの鍵は廊下にあるドアの鍵穴に合うんじゃない?ということでした。ですが、とても悲しいことに鍵穴が大きすぎるのか、それとも鍵が小さすぎるのか、どっちにしても、どのドアも開けることはできませんでした》《「まぁ、食べてみるわ」とアリス。「だって、もし、私が今よりも大きくなったら、鍵に手が届くし、もし、もっと小さくなったなら、扉の下を這って出ることができるしね。だから、どっちにしても私は庭園へと出ることができるから、どちらが起こっても気にしないわ!」》《そこでアリスは考え込みました(できる限り考え込もうとしたよ。真夏のように暑い日だったので、とても眠くて頭が回らなかったからこそね)。ヒナギクの花輪を作るのは楽しそうだけど、わざわざ起き上がってヒナギクの花を摘みに行くほどのものかなぁ、と考えていたその時、不意にピンクの目をした白いウサギがアリスの目の前を駆け抜けていきました》《アリスは通り過ぎながら棚の一つから瓶を取り出してみました。その瓶には「オレンジマーマレード」と書かれてあったけど、中身が入っていなかったことにアリスはものすごくがっかりしちゃった。アリスは瓶を落とすことで下にいる誰かに当たって死んでしまうのでは、と不安になったので、アリスは落ちながらもなんとか食器棚にその瓶を押し込みました》

The Mock Turtle's Story   ç¬¬ 8 章  女王さまのクロケー場 —    CHAPTER VIII.

家事ヤロウ 掃除 鏡, 食品 株価 下落, シャント リハビリ 禁忌, ゼルダ 馬 体力 回復, 福山 エフピコアリーナ 公園, エイゾプト 製造 中止, かけ て 敬語, ポケモンウルトラ サンムーン レックウザ, ライター 英語 タバコ, マビノギ クロスボウ エンチャ, 日本BLS協会 日本ACLS協会 違い, トミックス 500系 新幹線, 桐生駅 わたらせ渓谷鉄道 時刻表, Microsoft Student Azure, 青鬼 攻略 棒, 児島 丸亀 フェリー, 駒澤大学出身 陸上 選手, 無料 対戦ゲーム PC, 大腸ポリープ 大きさ 5センチ, 慶應 応援指導部 ニュース, ワン パンマン 格ゲー 評価, 子犬 英語 パピー, 陽だまりの彼女 小説 名言, Civilization ダニー ケイ, 福島 県 自己 情報 開示 請求, モンメン タマゴグループ BW, カルテット 動画 6話, Dc Etcカード 更新, ワンピース ネタバレ イゾウ, 福島 県 自己 情報 開示 請求, 兵庫県 環境の保全と創造に関する条例 特定施設, ロール 抑える 運転, S&B パスタソース レモン, カンナ ディズニー 誕生日, SMAP TOKIO 先輩, 隣の家族は青く見える レンタル ゲオ, アイヲウタエ 何 物語, 阪神 選手 巨人ファン, 慶應 応援指導部 厳しい, 花より男子 リメイク キャスト, 魔法科高校の劣等生 Ss 無限の剣製, 2020 楽天 選手, アフリカ 山 ランキング, 死役所 7話 漫画, TNT POST Amazon, Dc Etcカード 更新, 鹿児島中央 から 久留米 高速バス, 江越 パワプロ なんJ, PUBG 実況者 顔, 風立ちぬ 松田聖子 歌詞 意味, 乾杯 英語 発音, テラハ ビビ インスタ, Lui's ルイス 福袋, フォーシーム 漫画 最終回, 神楽坂 ピザ テイクアウト, 渋谷 喫煙可 イタリアン, 疑義照会 備考欄 書き きれ ない, みんなの競馬 実況 2ch, 黒子のバスケ 声優 豪華, MHW フルドレス 英語, スラテン 攻略 ガゼル, 東京理科大学 工学部 電気工学科, 細菌 細胞膜 コレステロール, ラッキー 進化 CP, ボディ バッグ 深田 恭子, 楽天 マスクカバー イーグルス, Excel 2007 郵便番号 アドイン, 海田 事件 速報, 映画 フラバー あらすじ, ぬらりひょんの孫 せつ ら, マルコ カーヴィシャス カリキュラム, ポケモンXY シトロン ジム, Beryl M762 Pubg Damage, ピーマン 焼きびたし めんつゆ, ポケモン 123 コード, パーク フロント ホテル お風呂, ディズニー チュロス チョコ 作り方, カゴメ ケチャップ キャンペーン 2019,

不思議の国のアリス 歌詞 和訳